葬儀後もいろいろとある|日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

葬儀後もいろいろとある

ノマドワーク

自宅や斎場などで葬儀を執り行ったあと、出棺、火葬、収骨を終えて、葬儀は終了します。
納骨までは、自宅に骨壺を安置しておきますが、四十九日法要の後に納骨するのが一般的です。
ただ、葬儀後すぐに納骨することもありますから、その場合は菩提寺や霊園、石材店などに事前に相談しておく必要があります。

墓石には、一般的に故人の戒名や姓名、没年などを刻み、家族で一つを管理して、墓地に墓所の使用権を契約し、墓石を建てて管理していきます。
墓石というのは、平安時代には支配階級だけしか持つことができませんでしたが、江戸時代に入ると現在のように庶民でも墓石を持つことが定着してきました。

現在は、少子・高齢化がすすみ、家単位で代々継承されてきたお墓ではなく、永代供養墓が増加傾向となっています。
永代供養墓は、お墓参りができない人に代わって、寺が責任をもって永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓のことで、ほかの人と一緒の墓や同じ納骨堂に安置されることから、合祀墓や共同墓などとも呼ばれています。
また、死後自然に還りたいという故人の遺志を尊重し、散骨や樹木葬などの自然葬を選ぶ人も増えています。

人が亡くなると、社会的にも法律的にもさまざまな手続きが必要となります。
特に葬儀後の手続きとしては、初七日や四十九日などの法要の準備が必要となりますし、納骨の手続きも準備しておく必要があります。
また、仏壇がない場合には位牌と仏壇の手配なども必要となりますから、四十九日までにはすませておくと安心です。

Copyright© 2017 日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を All Rights Reserved.