葬儀の流れをしろう|日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

葬儀の流れをしろう

デスクの上のPC

一般的な葬儀の流れは、できるだけ早く葬儀業者を決めて連絡をすることからはじまります。
病院で亡くなった場合などは、病院関係者から業者を紹介されるケースもありますが、すでに業者を決めている場合は、できるだけ早く連絡をすることで、スムーズに進めていくことができます。
できれば、家紋や宗派、親しい友人などを事前に調べておくとよいでしょう。

業者へ連絡したあとには、家族へ連絡をし、死亡診断書を受け取ります。
これと同時に、寺院へ連絡を行い、枕経をお願いします。
菩提寺がない場合には、業者が紹介してくれますから、相談してみましょう。
葬儀の準備は、業者に任せるのが一般的で、通夜や葬儀などのアドバイスを受けた方がスムーズに行えます。
参列者の数がどのくらいなのかによって、葬儀の規模や予算が変わってきますから、参列者の人数や送迎の有無などはきちんと確認しておくことが大事です。

遺影写真の引き伸ばしや会葬礼状、通夜お供養品、式場の設営、生花・花輪、通夜ぶるまいの料理、引き出物の手配などは業者が準備し手配するのが一般的ですから、確認しておきましょう。また、死亡届や火葬許可証の受け取り、火葬場の手続きなどは、通常喪主が行いますが、ほとんどの業者は代行してくれます。

業者を入れず自宅で喪主が通夜を執り行う場合には、主な係りを決めて駐車場を用意したりテントなどの確認、遠方からの親族の宿泊の確認、通夜料理の準備などが必要となります。

Copyright© 2017 日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を All Rights Reserved.