小さなお葬式にも|日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

小さなお葬式にも

PCを利用する男性の手元

最近のお葬式は、家族だけでしめやかに執り行う家族葬などの小さなお葬式が人気となっています。
これは、お葬式にかかる費用を抑えることができるというメリットだけではなく、故人の遺志を重視する傾向が強く、従来のような世間体を気にして盛大にお葬式を執り行うという人は減少し、親しい人だけで送ってほしいといったような、故人の遺志を重視して、家族葬などのニーズが増えています。

家族葬は、文字通り家族や親族だけで行うお葬式のことで、故人と親しい人だけで偲ぶ時間をゆっくりととることができるとうメリットがあります。
また、通夜やお葬式などの葬儀を行わずに、火葬のみを行う直葬というスタイルも増えています。
この直葬は、親族や知人が少ない人や伝統にとらわれたくない、費用をかけたくないといった人に選ばれています。
そのほかにも、死後は自然に還りたいというような故人の遺志を尊重して、散骨や樹木葬を選ぶ人も増えていますが、後々親族とトラブルとなるケースも少なくありませんから、生前にきちんとよく話し合って決めておくことが必要となります。

一般的な葬儀にかかる費用は、平均で200万円程度が相場となっています。
ただ、見積り時には飲食接待費や寺院へのお布施などの費用は別途請求される場合もありますから、きちんと確認しておくことが大切です。
葬儀を執り行う場合、通常はあまり時間のない中で業者を決めることになり、相場がわからないまま業者の言いなりで決めてしまうことが少なくありませんが、何にどのくらい費用がかかるのかをしっかりと把握し不要なものは削除していくことが、費用を抑えることにつながります。

Copyright© 2017 日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を All Rights Reserved.